Prev / Next / hironyのChangeLog

hironyのChangeLog

_ HDD換装 [Mac]

ついに思いきってMacBookのHDDを換装しました。
80GB→160GB。これでしばらく安泰だ。
CIMG0189

細かい話は続きで。



まずこれらを買ってきました。
CIMG0189 CIMG0190 CIMG0192
1. SEAGATEの、SATA、2.5"、160GB、5400rpm、垂直磁気記録方式、「Momentus 5400.3」シリーズのHDD「ST9160821AS(リンク先のはATAだけど、買ったのはSATAのやつ)」。16,800円。
2. 外付けHDDケースのCENTURY「1分BOX 2.5SATA」。2,979円。
3. トルクスレンチ。T8。480円。

1と2は「ソフマップ ギガストア名古屋駅ナカ店」で。
3は「ビックカメラ 名古屋駅西店」で。

で、作業です。

1. まず本体のHDDを外します。
CIMG0219 CIMG0221 CIMG0222

2. 外したのと逆の手順で新しいHDDを付けます。

3. 元々本体に入ってたHDDを外付けケースに入れます。
CIMG0224

4. それをMacBookにつないで、optキー押しながら起動して、外付けHDDからブート。(FirewireじゃなくてもBootするぜ!)

5. ディスクユーティリティを起動。
6. 「パーティション設定」で新しいHDDをフォーマット。「Mac OS 拡張 (ジャーナリング)」で。「オプション」で「GUIDパーティションテーブル」を選択。「Mac OS 9 ディスクドライバをインストール」は当然チェックしない。
7. 「復元」で、「ソース」を外付けHDD、「復元先」を内蔵HDDにして「復元」。時間かかる。
 (注意:画像ではこれが逆になっちゃってる)
CIMG0225

8. 終わったら電源OFF、外付けHDD外す、起動。

9. これで終わってもたぶん大丈夫だけど、一応、本来不可視となるべきファイルを不可視にする。
「Mac OS X Install Disc 1」を挿入して、Terminal.appから下記のスクリプトを実行。

cd /Volumes/Mac OS X Install Disc 1/System/Installation/Packages/OSInstall.mpkg/Contents/Resources
sudo ./SetHidden / hidden_MacOS9

こんな感じになる。

set invisible: "/automount"
set invisible: "/bin"
set invisible: "/cores"
"/dev": FSPathMakeRefWithOptions returned -35
set invisible: "/etc"
set invisible: "/mach"
set invisible: "/mach_kernel"
set invisible: "/private"
set invisible: "/sbin"
set invisible: "/tmp"
set invisible: "/usr"
set invisible: "/var"
set invisible: "/Volumes"
set invisible: "/Desktop DB"
set invisible: "/Desktop DF"
set invisible: "/mach.sym"
set invisible: "/.Trashes"
"/.vol": FSPathMakeRefWithOptions returned -35
set invisible: "/Network"
set invisible: "/System/Library/CoreServices/Finder"
set invisible: "/Applications/Utilities/Print Center.app"


10. いじょ。「空き容量79.96GB」…すばらし!




もちろん作業される場合は自己責任でよろしくです。

ちなみに僕のは初代MacBookの白。OSは10.4.10。




実は最初から上記手順であっさり、とはいかなかったです。やっぱり試行錯誤。
最初は「起動ボリューム」は「復元」できない、ってんで、「Mac OS X Install Disc 1」からブートしてから「ディスクユーティリティ」で「復元」とかやってみたんだけど、ここでまずハマった。
なんと、DVDからブートするとドラッグ&ドロップができなくて、復元元、先の指定ができない!なんと…
で、しょうがないので左ペインで元HDDのボリュームを選択した状態で「新規イメージ」でまずイメージファイルを作成して(これがまた時間かかるんだ)、それを「ソース」に指定して「復元」(これがまた時間かかるんだ)…とかやってみたけど、本来不可視なはずのファイルがFinderから見えちゃってる。あら、これはダメか?
じゃぁってんで、再度HDDからブートして、起動ボリュームをそのまま「復元」してみたら、…できるじゃん!
でもやっぱり不可視ファイルが見えちゃうんで、上記スクリプトで復元。これでいいだろ、と。
といろいろ1日半ぐらいかけて試行錯誤した結果一番スマートなのが上記手順じゃないかと思うんだな。

だから、ホントのこと言うと、実際に上記手順でやったわけではないんです。そこら辺もよろしくですはい。

最後に、以下のページを参考にさせてもらいました。感謝。
http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=303694
http://shin-ishimaru.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/macbook_7cb1.html
http://conex.fujigoma.com/?target=http://conex.fujigoma.com/mac/mac_hdd_change.html
http://ma-lion.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/macbookhdd_6fc9.html
http://miracles.jp/behavior/index.php?e=185
http://www.kenkyuu.net/computer-17.html
http://www.ascii.jp/elem/000/000/021/21721/index-3.html
http://mac7641.blog37.fc2.com/blog-entry-34.html
http://homepage.mac.com/nojiri/macosx/feedback41.html#invfldrvs
http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=301677-ja
http://tokyo.secret.jp/macs/backup.html
http://www.coffee-driver.org/?p=43

Referrer (Inside): [2009-05-17-1]