Prev / Next / hironyのChangeLog

hironyのChangeLog

_ GSトレーニング [スキー]

今週末、某スキークラブの合宿に混ぜてもらって、GSのトレーニングしてきました。
# トレーニングするってレベルじゃねぇぞ(笑)
志賀高原。ひたすら寺子屋。

うん、かなり楽しかった!
やっぱね、規制はね、すごくタメになる。スピード出る(出す)し、曲がらなきゃいけないところで曲がらなきゃいけないし、踏むべきところで踏まなきゃいけないし、で難しいから。
だからその後フリースキーすると、もう楽!自由自在!僕うまくなってる!(笑)

理論はある意味、基礎スキーより簡単かも。とにかく外足重視って感じだし。

二日目の最後の一本は、自分の中では、やっとまともに滑れた感じで、楽しかった。「ああ、あともう一本!」って感じ。
「操作はすごくうまい」って言い方されたのも、うれしくてよかった。褒められて伸びるタイプなんです僕。
# 当然、「操作はすごくうまい」の後に「けど」って続くんだけどね
あとね、二日目終了後、フリーで滑ったジャイアント、小回りもコブも、すごくうまく滑れて、楽しかった!

今シーズン、またチャンスあったら参加するです。

ではまた自分メモ。


言われたこと
- 体立てる。外傾っていうか。外足っていうか。
- 引っ張らない、踏み続けない。ポール過ぎたらすぐに次に。
- MAXの前、谷回りの段階から外足踏み始める
- ポールには、通過後に背中で最接近、のイメージ(2007-2-21(Wed) 思い出して追記)

自分で気づいたこと
- 体はずっとフォールラインってイメージが良いっぽい
- (特にフリースキーで意識)スキーが体より斜面の下方向にくる場面って、そう見えるけど、実はない。や、もちろん厳密にはあるけど、意識してそういう操作をする場面はない。体の横でMAXのあとは、スキーも体も一緒に落ちてるだけ。結果、かかとだけに乗るってこともない。
- でも、荷重の基本はかかと。ショートもロングも。そうすると操作や踏むのが楽。ってかそうしないとちゃんと操作はムリ。

Referrer (Inside): [2007-03-11-1]